忍者ブログ
HOME > 野球の記事 Admin NewEntry Comment RSS  
とにかくラリーにかかわって生きていきたい。そんな、北海道のラリー好きのBLOGです。
■カテゴリ「野球」の記事一覧
[2020/07/05] [PR]
[2010/02/06] 小瀬・・・
[2008/09/29] 貴賓席から
[2008/09/15] 気迫と信頼感

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

なにがあったんだ。

大砲が目立つ球団の中で、本当のテクニックをもった選手だった。

流し打ったときのフォームがもっとも絵になる選手だった。

ソックスを上げたオールドスタイルで、スタジアムを走り回るスタイルが好きだった。

何かをやってくれそうな選手だった。

レギュラー獲りも手の届くところまできて、将来は明るかったはずなのに・・・。

好きな選手だっただけに残念すぎる・・・。


キャンプ中に…小瀬浩之外野手、飛び降り自殺か
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100206-00000000-spn-base
PR

今日は、ファイターズの札幌ドームでの今シーズン最終戦。
ということで、仕事絡みで行ってきましたよ。
しかも、貴賓席からの観戦。
貴賓席は席にテレビが付いているし、座り心地も良いし…、ビールにオードブルに…、しかも、この眺め!!
ダルビッシュ快投での素晴らしい試合展開もあって、サイコーです!
しかも、札幌ドームから帰宅して、家で見ていたオリックスvs西武戦。
延長10回、オリックスが勝ち越して、クライマックスシリーズ進出決定!2位確定!!
いやぁ、めでたい!!
10年ぶりだよ、こんなに野球を楽しんだのは!!!
これで、10月も野球をたのしめるぞ!!!
昨日・今日と、札幌ドームで行われた「日本ハムvsオリックス」を見に行ってました。
我が家は、オイラはオリのファンで、嫁はハムのファン。

応援用のユニフォームも上の写真のような…。
直接対決の場合、どちらが勝っても、片方は不機嫌になってしまう家庭です。
しかも、今回の直接対決は、クライマックスシリーズ進出を争う2位と3位の直接対決なので、お互い気合いが入っています。
で、昨日は、今季既に10勝を挙げているエース候補の金子がハム打線に打ち込まれて完敗。
そして、今日は、ダルビッシュに完封負けペースで諦めムードの漂う最終回に打線が奮起して、ダルビッシュから一挙に4点を奪い奇跡の大逆転!!
1点差の9回裏に出てきたのは、我がオリックスの守護神である加藤大輔。
もう、ムードはイケイケでオリックス有利………だったはずが…。
逃げ逃げのピッチングで四球でランナーを出して、2アウト2・3塁からスレッジに逆転サヨナラ打を浴びて撃沈。
まったく気迫を感じられない加藤のピッチングにオイラは激怒!なんで、最後にあんな中途半端なボールなんだっ!?
完全に「流れ」はコチラに来ていた試合展開で、相手に対して気迫を前面に出して押さえ込むシーンのはずなのに、なぜに逃げる??
ホント毎度毎度のことながら信用ができないリリーフエースにうんざり。
結果的には不必要に疲れさせられ、これなら、そのまま完封負けの方が諦めがついた気がする。
加藤大輔の成績を見れば、今季30セーブ以上を挙げており、絶対的な守護神なはずなのに、こういうシーンを何度も見せられているので、どうも信頼ができない。
しかし、クライマックスシリーズに進出して勝つためには、守護神に頑張ってもらうしかない!!
ホントにたのむよ、加藤!!
ホントに、マジで、頼みます、お願いだから…。m(__)m

Twitter
プロフィール
HN:
TAKA
年齢:
46
ホームページ:
性別:
男性
誕生日:
1973/08/29
職業:
ラジオ局勤務
趣味:
Rally
自己紹介:
北海道に暮らすラリー好きです。
レプリカからダートラ、地区戦ラリーにチャレンジして、2008年にはWRCラリージャパンに出場しました。
カレンダー
06 2020/07 08
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
[03/14 さと]
[03/09 さと]
[03/08 TAKA]
[03/08 長野]
[01/26 TAKA]
[01/23 さったん]
[01/12 TAKA]
[01/11 jun]
[12/28 TAKA]
[12/27 およよ]
最新トラックバック
QRコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
ラリーは続くよ、どこまでも… 野球 Produced by TAKA
忍者ブログ [PR]
透過フォトver2.0 Designed by ninja-blog.com